電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

2018-05-19から1日間の記事一覧

「のみとり侍」

鶴橋康夫監督脚本、小松重男原作「蚤とり侍」。田沼意次の時代、長岡藩の小林寛之進(阿部寛)は藩主の機嫌を損ね、猫の「のみとり」、その実は男娼として働く事になる。そこで初めての客おみね(寺島しのぶ)から罵られた事から伊達男・清兵衛(豊川悦司)に相談…

「孤狼の血」

白石和彌監督、柚月裕子原作。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島県呉原では地元・尾谷組と広島の巨大組織・五十子会系の加古村組が対立。加古村組の金融会社社員の失踪を調べるベテランのマル暴・大上(役所広司)は、県警からの日岡(松坂桃李)とコンビを…