電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「ブラジルから来た少年」

アイラ・レヴィン。クローンの話では必ず引き合いに出される小説で、ネタバレしていて"戦慄すべき真相"は判りきっているはずなんだけど、面白かった。展開も、クライマックスにも派手さは無いけど、丁寧な語り口で引き込まれる。「ローズマリーの赤ちゃん」もそうだけど、レヴィンが描く狂信性ってリアル。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150402868/

シャフナー監督、ローレンス・オリヴィエグレゴリー・ペック主演で映画化されているけど未見(多分)↓。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00013F5RO/