電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「シンデレラマン」 - Cinderella Man -

ロン・ハワード監督。実話ベース、華やかな経歴を持つボクサーのジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は全盛期も過ぎライセンスを剥奪される。時代は大恐慌、妻(レニー・ゼルウィガー)と三人の子供との生活は貧しい。ある時、かつてのマネージャーから一夜限りの試合を頼まれる‥。妙な技巧は無く、心にしみる物語を素直に描いている、ロン・ハワードは上手い。最後の試合はさすがに盛り上げてくれるし。この悪役の憎々しさがなかなかいい。ラッセル・クロウはうつむき加減、伏し目がちのワンパターン演技でなんとか頑張っている。あの朴訥とした演技がボクサーっぽいのだろうか。大恐慌時代の社会の描写が興味深い。

http://www.movies.co.jp/cinderellaman/