電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「バカのための読書術」

小谷野敦 。この本のバカはかなりのハイレベル、"大学卒業しだが読書人とは言えない人"ぐらい。ニューアカなどの難解本との付き合い方、知的生活の方法、入門書の探し方、書評を信じないなどなど。事実確認の重要性、統計学の話など良い話の部分も多いが、まとまりは無く、自慢っぽさが鼻につく。ここで語られている事は、世の中の教養という世界から見ると実はかなり狭い世界の話しかしてないのでは?バカと思われないために世界を限定している様。逆に読書リストに漫画を入れるあたりにイヤらしさを感じる。(訂正:「バカの壁」に乗ったバカ本の一つ…と最初書いたがこっちが先だった、「バカの壁」の出版日を間違えていた、著者自身に指摘された…よく読んでるなあ…)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/448005880X/