電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「コズモポリス」- Cosmopolis -

デヴィッド・クローネンバーグ監督、ドン・デリーロ原作。ニューヨーク、巨万の富を持つ青年投資家エリック・パッカー(ロバート・パティンソン)は、大統領の訪問と著名人の葬儀で渋滞する街を高級リムジンで進む。中国元の下落に財産を投じた彼は破産寸前、そして暗殺者が彼を狙うが…。原作未読。「イースタン・プロミス」(id:zom-1:20090524#p2)で完成度の高いドラマを見せ、「危険なメソッド」(id:zom-1:20121107#p1)で方向性の変化を感じたけど、今回はまた元のクローネンバーグに戻った感じ。雑な様な、深い様な表現は彼っぽい。全体に緊張感があるシーンはなかなかいいけど最後のシーンは長い割にはイマイチ面白くなかったな。ロバート・パティンソンはあまり演技してないのが逆に成功しているか。ジュリエット・ビノシュ始め、周りは無駄に豪華。社会批判的な面白さは原作の力だと思う。

http://cosmopolis.jp