電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「ホビット 竜に奪われた王国」-The Hobbit:The Desolation of Smaug-

ピーター・ジャクソン監督、J.R.Rトールキン原作。はなれ山エレボールを目指すホビット族ビルボ(マーティン・フリーマン)、魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)、ドワールのトーリン(リチャード・アーミティッジ)たちは近道の森を抜ける事にするが…。三部作の二部目、前作(id:zom-1:20121223#p1)の続き。飽きがこないいいテンポの展開ではあるけど、冷静に考えるとホントに必要なのかと思わせるシーンばかり。一体、何の旅だったか忘れてしまう気分。前作を忘れているからいいけど、同じ事の繰り返し感がかなりある。ファンサービスだろうがオーランド・ブルームの登場シーンはかなり長い。活劇としては川は一番面白いシーンだったけど。邪竜スマウグの声はベネディクト・カンバーバッチ。そしてラストは驚愕の終わり方…。

http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitdesolationofsmaug/