電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「怪しい彼女」

ファン・ドンヒョク監督。口うるさく頑固な74歳のマルスン(ナ・ムニ)は苦労して育てた大学教授の息子(ソン・ドンイル)、その嫁、孫二人の五人暮らし。ある時、不思議な写真館で遺影を撮ると20歳の姿に戻ってしまい、家を出てオ・ドゥリ(シム・ウンギョン)と名乗っていたが、偶然に歌う姿を孫パン・ジハ(ジニョン)、音楽プロデューサーのハン・スンウ(イ・ジヌク)に見られてしまう…。韓国映画らしい演出がベタなトコはあるが、全体にはいい設定で上手いストーリー展開。老人問題などの社会性もあって、なかなか良い作り。バアさん口調で悪態をつくシム・ウンギョンがなかなかにキュート。美人というタイプではないけど、これは上手い配役だと思う。これが「トガニ」(id:zom-1:20120811#p1)の監督なのかと思うほど方向性は違うが、悪くない映画だ。

http://ayakano-movie.com