電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「マダム・マロリーと魔法のスパイス」-The Hundred-Foot Journey-

ラッセ・ハルストレム監督、リチャード.C.モレイス原作。インドでレストランを営んでいたハッサン(マニッシュ・ダヤル)たち一家は英国を経て南仏に渡り、車の故障でマルグリット(シャルロット・ルボン)に助けられるが、パパ(オム・プリ)のひらめきでインド料理の店を開く事になる。しかし、そこはマダム・マロリー(ヘレン・ミレン)の一つ星のフレンチレストランの目の前だった…。「ギルバート・グレイプ」、「ショコラ」の監督だから、単純な料理映画とは思ってなかったがディズニーらしいファミリー映画でありながら、なかなかに深い話。人間ドラマと料理を交錯させ、料理というものの本質をぐるっと一回りして見せようとしている気がする。たどり着くその先のラストも上手くまとめている。ヘレン・ミレンは孤高の存在感。

http://www.disney.co.jp/movie/spice/