電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「ジャングル・クルーズ」-Jungle Cruise-

ジャウム・コレット=セラ監督。かつてスペインのドン・ロペ・デ・アギーレが探し求めた難病をも癒す伝説の花・月の涙。1916年ロンドン、植物学者リリー・ホートン(エミリー・ブラント)は、英王立人類学冒険協会から月の涙探しの鍵となる矢尻を盗み、弟マクレガー(ジャック・ホワイトホール)とともにアマゾンへ。現地のクルーズツアー船長フランク(ドウェイン・ジョンソン)を雇い奥地へ向かう。一方、同じ目的のドイツ王国王子のヨアヒム(ジェシー・プレモンス)もその後を追うが…。ディズニーのアトラクションをネタにしているけど、あそこからよくもまあ、これだけ物語を膨らませるなあってトコは感心する。考えてみると「パイレーツ・オブ・カリビアン」もそうだったか。スピード感ある展開、魅力的なキャラで飽きさせない。元ネタのアトラクションは知っていた方がちょっとは楽しめるかな、細かいところでクスっとできる。カバとか、セールスマンのサムとか。まあ、なんてことはないアクション・アドベンチャーではあるんだけど。元ネタはアマゾン川からワープして、アジアのイラワジ川(エーヤワディー川)、アフリカのナイル川と展開するから、二作目、三作目も計画されているのかも。

https://www.disney.co.jp/movie/junglecruise.html