電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「鹿の王 ユナと約束の旅」

安藤雅司宮地昌幸監督、上橋菜穂子原作。戦士団・独角の元頭のヴァン(声:堤真一)も、いまは帝国・東乎瑠(ツオル)の岩塩鉱の奴隷だった。そこで山犬の襲撃による病・黒狼熱(ミツツァル)が広がり、ヴァンは幼い少女ユナを連れ逃げ出す。一方、東乎瑠の医師ホッサル(声:竹内涼真)は黒狼熱の治療法を求めて旅していたが…。2015年本屋大賞の原作未読、アニメーションがProduction I.Gと、それなりに期待があったんだがイマイチだった。全体に、なんか物語に素直に入っていけないのは何故だろうか。複雑でもない一直線な話だし、キャラも明確なんだが面白くなっていかない、個性が足りないのだろうか。エピソードは面白味はない。うーん、単に相性が悪いのかわからない。妙なジブリっぽさはマイナスかも。原作ファンとかどう思っているんだろうか気になる。

https://shikanoou-movie.jp/