電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「ミリオンダラー・ベイビー」- Million Dallar Baby -

クリント・イーストウッド監督製作主演、LAの古いジムを営むフランキー(クリント・イーストウッド)の元に、女性ボクサーのマギー(ヒラリー・スワンク)がやってくる…。タイトル通りの「ロッキー」女性版のスカっとしたスポーツ映画と思った人はまったくの期待外れだろう。かなり辛い物語、特に後半はとことん辛い、ここまで辛い映画は滅多に無い。それでも後々からボディブローの様に効いてくる印象は悪くない。イーストウッドの監督の中では最高の出来(でも、余りの爺さんぶりは見ていて辛い)。アカデミー主要四部門受賞も納得。マギーのニックネーム”モ・クシュラ"の意味の使い方も、なんとも上手い(ゲール語、マギーの名字フィッツジェラルドアイルランド系の名字)。

http://www.md-baby.jp