電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「クライ・マッチョ」-Cry Macho-

クリント・イーストウッド監督、N・リチャード・ナッシュ原作。マイク・マイロ(クリント・イーストウッド)はかつてのロデオのスターだったが落馬事故をきっかけに、今は一人暮らし。マイクは元雇い主から、メキシコに住む彼の息子ラフォ(エドゥアルド・ミネット)を連れてくるように依頼される。マイクはラフォを酒浸りの母リタとその部下アウレリオから連れ出すが…。イーストウッド監督主演、ってかなり厳しい感じがする。あまりのヨボヨボに驚くけどこれが演技なのかマジなのか心配になる。普通に歩いているだけでヨロヨロしているが、これではパンチが当たる気がしない。まあまあ面白いし見どころはあるのだけど、中盤ややダレ気味で、監督としての切れ味は悪くなっているなあ。マルタの絡みとか、この爺さんなんでモテるかが最大の謎。母リタ、部下アウレリオと最後も曖昧な気がする。

https://wwws.warnerbros.co.jp/crymacho-movie/