電子竹林:Blog

はてなダイアリーより引っ越し済み、主に映画

「創価学会」

島田裕巳創価学会の成り立ちから現在まで、公明党池田大作について、礼賛でも批判でもなく客観的に書かれていると思う。創立当初から神懸かりや宗教体験、病気直しといった側面がないという話、急拡大の時代に霊魂は存在しない、占いや易を否定したという話は興味深い。選挙活動が一種のイベントと化して、親密になり結婚するカップルも少なく無いという話も宗教団体としては特殊で面白い。(memo:マクファーランド「神々のラッシュアワー」日本の新興宗教研究)(memo:藤原弘達創価学会を斬る」の出版に田中角栄の圧力があった)(memo:1974年、創価学会共産党との合意=創共協定、仲介は松本清張)

http://www.amazon.co.jp/dp/410610072X/